育ての親と「奴隷契約」で対立…安室奈美恵“独立騒動”のウラ

公開日: 更新日:

 発売中の「週刊文春」が安室奈美恵(36)の独立騒動を報じている。今年5月、所属事務所「ライジング・プロ」からの独立を申し出た安室は、すでに個人事務所「ステラ88」を設立。「独立したい」「これでは奴隷契約だ」とライジングの平哲夫社長らを前に直訴。小学生だった安室を見いだし、22年間“東京の父”として支えてきた社長に、安室は税理士を伴って契約条件の変更を記した「提案書」を突きつけたというから穏やかではない。一体、安室の周囲で何が起きているのか。

 01年に明るみに出た事務所の脱税事件で、平社長への不信感が募っていったことがきっかけともいわれているが、“育ての親”を見限って独立する理由が「カネ」だとしたら、あまりにもイメージが悪いが…。

 芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。
「安室はほとんどメディアに出ないライブ中心のアーティスト。ライブでもほとんどMCをしないという徹底ぶりで、最近はプライベートが報じられることはほとんどない。かつては母親が殺されたり、SAMとの離婚でマスコミの餌食にはなりましたが、どちらかといえばマスコミも、安室には同情的で優しかった。それを<マスコミから守ってくれない>という理由で事務所に“絶縁状”を突きつけるのは意外だし、何よりおカネのことで文句を言うイメージがなかったので驚きました。億を超える収入があるのに、守銭奴という印象はかなりのイメージダウン。息子は高校1年生ですが、子供のための金銭要求だったとしても、育てられないレベルで困っているはずがない。本来なら人を介して表沙汰にならないよう、上手にまとめられたはず。独立は危険な賭けだと思います」

 今回の件に関して所属事務所では「<ノーコメント>というコメントも出しておりません」と超厳戒態勢。

 今のところ安室自身は口をつぐんでいるが、ウラには独立をけしかけた人物も見え隠れしている。安室ちゃんの身に“何か”が起きているのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか