評価うなぎ上りでもギャラ格安…杏は最高の「コスパ女優」

公開日: 更新日:

“最高のコスパ女優”と言っていい。杏(27)が主演を務めているNHKの朝ドラ「ごちそうさん」が、放送開始から7週連続で平均視聴率21%超え(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。大ブームを巻き起こした前作「あまちゃん」を超える勢いというから驚きだ。

 杏は大手広告代理店が作成している「潜在視聴率」も13.0%で、女優では2位にランクイン。前回の19位から大躍進した。それでいて、ドラマにメーンで出演する際のギャラは1話110万円と格安。潜在視聴率トップの米倉涼子は300万円、3位の綾瀬はるかは250万円というから、杏の費用対効果はぶっちぎりだ。

「杏は、2年前に実写版の『妖怪人間ベム』(日本テレビ)でベラ役を見事にこなし、完全にひと皮むけました。コテコテの濃いメークや体を張った演技が多い妖怪人間の役なんて、普通の女優ならなかなか引き受けません。それも杏は大物、渡辺謙の娘ですから、なおさらです。それに臆せず挑戦し、当時は〈杏の最高傑作〉と言われるほど完璧に演じ切り、評価はうなぎ上りでした」(テレビ局スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る