評価うなぎ上りでもギャラ格安…杏は最高の「コスパ女優」

公開日: 更新日:

“最高のコスパ女優”と言っていい。杏(27)が主演を務めているNHKの朝ドラ「ごちそうさん」が、放送開始から7週連続で平均視聴率21%超え(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。大ブームを巻き起こした前作「あまちゃん」を超える勢いというから驚きだ。

 杏は大手広告代理店が作成している「潜在視聴率」も13.0%で、女優では2位にランクイン。前回の19位から大躍進した。それでいて、ドラマにメーンで出演する際のギャラは1話110万円と格安。潜在視聴率トップの米倉涼子は300万円、3位の綾瀬はるかは250万円というから、杏の費用対効果はぶっちぎりだ。

「杏は、2年前に実写版の『妖怪人間ベム』(日本テレビ)でベラ役を見事にこなし、完全にひと皮むけました。コテコテの濃いメークや体を張った演技が多い妖怪人間の役なんて、普通の女優ならなかなか引き受けません。それも杏は大物、渡辺謙の娘ですから、なおさらです。それに臆せず挑戦し、当時は〈杏の最高傑作〉と言われるほど完璧に演じ切り、評価はうなぎ上りでした」(テレビ局スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  10. 10

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

もっと見る