日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「報ステ」に異例の抜擢 “大出世”春香クリスティーンの評判

“日本版ニュースショーの先駆け”にデビューすることが決まった。

 春香クリスティーン(22)が22日放送の「報道ステーション」(以下「報ステ」=テレビ朝日系)に出演する。同番組は金曜日のみ週替わりでゲストコメンテーターを呼んでいて、これまで東大教授の姜尚中氏(63)、作家の江上剛氏(60)、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(74)といった識者たちがそのイスに座ってきている。春香はこのゲスト枠でおそらく「最年少」。しかも、女性タレントでは異例の抜擢だ。

 日本人の父とスイス人の母の間に生まれた春香。12歳のころから日本に憧れ、父の出した「学校の成績を落とすことなく(TOEFL、TOEIC、漢検など)5つの検定に合格したら行ってもいい」という条件を1年でクリアして08年に単身来日。上智大学文学部新聞学科に進学し、12年ごろに「政治家の追っかけタレント」としてブレークする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事