「報ステ」に異例の抜擢 “大出世”春香クリスティーンの評判

公開日:  更新日:

“日本版ニュースショーの先駆け”にデビューすることが決まった。

 春香クリスティーン(22)が22日放送の「報道ステーション」(以下「報ステ」=テレビ朝日系)に出演する。同番組は金曜日のみ週替わりでゲストコメンテーターを呼んでいて、これまで東大教授の姜尚中氏(63)、作家の江上剛氏(60)、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(74)といった識者たちがそのイスに座ってきている。春香はこのゲスト枠でおそらく「最年少」。しかも、女性タレントでは異例の抜擢だ。

 日本人の父とスイス人の母の間に生まれた春香。12歳のころから日本に憧れ、父の出した「学校の成績を落とすことなく(TOEFL、TOEIC、漢検など)5つの検定に合格したら行ってもいい」という条件を1年でクリアして08年に単身来日。上智大学文学部新聞学科に進学し、12年ごろに「政治家の追っかけタレント」としてブレークする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る