「報ステ」に異例の抜擢 “大出世”春香クリスティーンの評判

公開日:  更新日:

“日本版ニュースショーの先駆け”にデビューすることが決まった。

 春香クリスティーン(22)が22日放送の「報道ステーション」(以下「報ステ」=テレビ朝日系)に出演する。同番組は金曜日のみ週替わりでゲストコメンテーターを呼んでいて、これまで東大教授の姜尚中氏(63)、作家の江上剛氏(60)、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(74)といった識者たちがそのイスに座ってきている。春香はこのゲスト枠でおそらく「最年少」。しかも、女性タレントでは異例の抜擢だ。

 日本人の父とスイス人の母の間に生まれた春香。12歳のころから日本に憧れ、父の出した「学校の成績を落とすことなく(TOEFL、TOEIC、漢検など)5つの検定に合格したら行ってもいい」という条件を1年でクリアして08年に単身来日。上智大学文学部新聞学科に進学し、12年ごろに「政治家の追っかけタレント」としてブレークする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る