春香クリスティーンをイベントで寡黙にさせた“あの発言”

公開日: 更新日:

 19日、全国北方領土啓発イベント「今が、知るとき。ちゃんと、北方領土 四島(しま)の楽校(がっこう)」が開かれ、春香クリスティーン(21)がゲスト出演。昨年9月に広島、11月に神戸で開かれた同イベントにも参加した春香は、「四島の楽校」の「生徒会代表」として北方領土について来場者へレクチャーした。

 イベント出演のきっかけは「政治家の追っかけ」という春香の趣味だった。国会グッズ集めや政治家カルタ作りにもハマっていることから、最近ではニュース番組のコメンテーターの仕事も増加。この日は「最近は国会の便箋セットに各省庁の大臣のサインをもらって集めてます。とはいえ、みなさんお忙しいのでなかなか集まらない」と話した。

 特定秘密保護法案が可決された衆議院本会議では傍聴席に姿を見せるなど、積極的に“取材”。しかし、熱意が裏目に出たことも。昨年末、安倍首相の靖国神社参拝について「ミヤネ屋」(よみうりテレビ)で「海外だとよく比べられるのが<もしドイツの首相がヒトラーの墓に墓参りをした場合、他国はどう思うか>という論点で議論されるわけですけど、難しい問題ですね」と発言したことがきっかけでブログが炎上。再炎上を恐れてか、この日の北方領土のトークショーでは個人的な意見は全く述べなかった。春香の本音は…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る