テレビマンと入籍 超売れっ子SHELLYが師と仰ぐのは板東英二

公開日:  更新日:

 レギュラー出演中の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で結婚を報告したSHELLY(29)。MCの南原清隆(48)から花束を贈られると、「すいません。ありがとうございます」と指輪のない左手を見せて笑った。今月18日に入籍、すでに新婚生活をスタートさせている。

 結婚相手は仕事を通じて2年前に出会った38歳のテレビ関係者。生放送で「よく笑う、よくしゃべる、とっても明るい人です」と説明した。元アメリカ海軍でイタリア系アメリカ人の父は男女交際に厳しいそうで、「姉が彼氏を連れてきたら両手で持ち上げられて投げ飛ばされた」というエピソードも披露。SHELLYがテレビ番組を通じ、父が経営する横浜の飲食店を紹介する“親孝行”が効果的だったのか、あっさりと“結婚できないキャラ”を卒業した。

 中古車解体業者で事務や車磨きなどの雑用をやっていたこともある苦労人だが、今や8本のレギュラー、うち3本で司会を務めるまでにブレーク。「バラエティーの女王」とまで言われるようになった。そんなSHELLYが師と仰いでいるのが板東英二(73)。先日、脱税問題による休業から吉本興業入りを決めたばかりのベテランタレントだ。かつて同じ事務所に所属しており、バラエティー番組に出ずっぱりだった板東から、トークについてアドバイスを受けたことがあるんだとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る