C・ベール 映画「マシニスト」での30キロ減量は脚本ミス

公開日: 更新日:

 10年ほど前にクリスチャン・ベール(40)が主演した「マシニスト」という映画を覚えているだろうか。彼は原因不明の不眠症で1年もの間眠っていない機械工を演じたが、リアルさを徹底追求して4カ月でなんと30キロも減量。身長180センチのベールは54.9キロになり、骨と皮の骸骨のような姿が衝撃的だった。

 ところがこのめちゃくちゃな減量のきっかけは、脚本のミスが原因だったというから驚きだ。共演者のマイケル・アイアンサイドが先日、明らかにした。

「脚本家の身長は170センチで、自分の身長をもとに体重を脚本に書き、クリスチャンの主演が決まった後に修正するのを忘れたんだ。でも彼は『いや、体重を変更しなくてもいい。できるかどうかチャレンジしてみる』って。……だから映画で浴室の壁に記した体重は、本当のクリスチャンの体重なんだ」

 撮影後、わずか4カ月後に「バットマン ビギンズ」の撮影を控えていたため、ベールは今度は過酷な筋トレを行い、体重を45キロも増量した。限界までやらないと満足できないプロ根性は立派だが、ちょっと気の毒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る