• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

C・ベール 映画「マシニスト」での30キロ減量は脚本ミス

 10年ほど前にクリスチャン・ベール(40)が主演した「マシニスト」という映画を覚えているだろうか。彼は原因不明の不眠症で1年もの間眠っていない機械工を演じたが、リアルさを徹底追求して4カ月でなんと30キロも減量。身長180センチのベールは54.9キロになり、骨と皮の骸骨のような姿が衝撃的だった。

 ところがこのめちゃくちゃな減量のきっかけは、脚本のミスが原因だったというから驚きだ。共演者のマイケル・アイアンサイドが先日、明らかにした。

「脚本家の身長は170センチで、自分の身長をもとに体重を脚本に書き、クリスチャンの主演が決まった後に修正するのを忘れたんだ。でも彼は『いや、体重を変更しなくてもいい。できるかどうかチャレンジしてみる』って。……だから映画で浴室の壁に記した体重は、本当のクリスチャンの体重なんだ」

 撮影後、わずか4カ月後に「バットマン ビギンズ」の撮影を控えていたため、ベールは今度は過酷な筋トレを行い、体重を45キロも増量した。限界までやらないと満足できないプロ根性は立派だが、ちょっと気の毒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

もっと見る