C・ベール 映画「マシニスト」での30キロ減量は脚本ミス

公開日:  更新日:

 10年ほど前にクリスチャン・ベール(40)が主演した「マシニスト」という映画を覚えているだろうか。彼は原因不明の不眠症で1年もの間眠っていない機械工を演じたが、リアルさを徹底追求して4カ月でなんと30キロも減量。身長180センチのベールは54.9キロになり、骨と皮の骸骨のような姿が衝撃的だった。

 ところがこのめちゃくちゃな減量のきっかけは、脚本のミスが原因だったというから驚きだ。共演者のマイケル・アイアンサイドが先日、明らかにした。

「脚本家の身長は170センチで、自分の身長をもとに体重を脚本に書き、クリスチャンの主演が決まった後に修正するのを忘れたんだ。でも彼は『いや、体重を変更しなくてもいい。できるかどうかチャレンジしてみる』って。……だから映画で浴室の壁に記した体重は、本当のクリスチャンの体重なんだ」

 撮影後、わずか4カ月後に「バットマン ビギンズ」の撮影を控えていたため、ベールは今度は過酷な筋トレを行い、体重を45キロも増量した。限界までやらないと満足できないプロ根性は立派だが、ちょっと気の毒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る