• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

C・ベール 映画「マシニスト」での30キロ減量は脚本ミス

 10年ほど前にクリスチャン・ベール(40)が主演した「マシニスト」という映画を覚えているだろうか。彼は原因不明の不眠症で1年もの間眠っていない機械工を演じたが、リアルさを徹底追求して4カ月でなんと30キロも減量。身長180センチのベールは54.9キロになり、骨と皮の骸骨のような姿が衝撃的だった。

 ところがこのめちゃくちゃな減量のきっかけは、脚本のミスが原因だったというから驚きだ。共演者のマイケル・アイアンサイドが先日、明らかにした。

「脚本家の身長は170センチで、自分の身長をもとに体重を脚本に書き、クリスチャンの主演が決まった後に修正するのを忘れたんだ。でも彼は『いや、体重を変更しなくてもいい。できるかどうかチャレンジしてみる』って。……だから映画で浴室の壁に記した体重は、本当のクリスチャンの体重なんだ」

 撮影後、わずか4カ月後に「バットマン ビギンズ」の撮影を控えていたため、ベールは今度は過酷な筋トレを行い、体重を45キロも増量した。限界までやらないと満足できないプロ根性は立派だが、ちょっと気の毒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  4. 4

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

  9. 9

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  10. 10

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

もっと見る