ジム通い13キロ減量 石塚英彦“卒業”でデブタレ界に異変

公開日: 更新日:

 ダイエット成功を報告した。

 28日に開催された「森永冷やし甘酒」発売記念イベントに登場した石塚英彦(52)。芸能界屈指の“デブキャラ”にもかかわらず、5年前から週3回のペースでスポーツジムに通っているんだとか。理由を「52歳になって、笑いよりも命が大事になりました」とカミングアウトした。

「グルメリポーターは天職。おいしく食べるためには健康でいなくてはいけない」と話し、ウエートトレーニングやプールでのウオーキング、ベンチプレスなどで減量に励んでいるという。体重はピーク時の130キロから117キロに、体脂肪率は45%から32%に。キャラがブレかねない発表に、「他の“デブタレ”にはトップシークレット! 特に『カレーを飲む会』には内緒です」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る