まず野菜、次に肉・魚…「食べる順番ダイエット」で痩せる!

公開日: 更新日:

 食事の際、食べる順番を工夫するだけで、肥満はもちろん糖尿病や高脂血症も防ぐ――。この「食べる順番ダイエット」が話題だ。食事の量を制限するわけでもなければ、肉を我慢する必要もないから長続きする人が多い。ダイエット法の仕組みと実践のコツを専門家に聞いた。

「“食べる順番ダイエット”は、食事の際に野菜、タンパク質、炭水化物の順で食べるというもの。これだけで、肥満の人が1カ月で5キロ痩せたケースもあります。また高血圧・高血糖・高脂肪も予防します」

 こう言うのは、梶山内科クリニックの院長で医学博士の梶山静夫氏だ。たとえば、まずサラダやスープから食べ始め、次に肉や魚。そして最後にパンやご飯といった順番だ。イモ類や豆類は炭水化物を多く含むので、ご飯などと同じ扱いでいい。

「空腹時に最初に野菜を食べれば、野菜の摂取量が増える。同時に、後半になればある程度満腹感が出てくるので、最後に炭水化物を取れば、その量は自然と少なくなります。そのため、特に量やメニューを制限しなくても、自然とダイエットに役立つ食事になるのです」(梶山院長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る