4年ぶり新曲 中森明菜の“復活”めぐる周囲の思惑とは?

公開日: 更新日:

 今度こそ完全復活となるのか。

 ストレスによる体調不良で2010年から無期限活動休止中の中森明菜(48)が、8月6日にベストアルバムを発売すると、ファンクラブ会報誌で発表。そのアルバムには、4年ぶりとなる新曲が収録されていると話題になっている。

 都内で極秘レコーディングされたのは新曲「SWEET RAIN」とカバー2曲の計3曲。先月には「本当いいよっ いいアルバムー」とコメントしており、完全復活が期待されている。しかし「すぐの復帰は考えにくい」と話すのは芸能ジャーナリストの渡邉裕二氏だ。

「“4年ぶりの新曲”と言われていますが、シングル発表ではなく『アルバムのボーナストラック』という形で収録されている。もしシングルであれば、それなりにテレビや雑誌でのPR活動も必要になってきますが、アルバムの特典としたのは体調を考慮したからでしょう。本当は30周年のときに考えていたんでしょうが、体調面で思い通りにいかず、今回までタイミングがずれたと考えられます。ただ、完璧な状況ではないのに出てきたというのは、レコード会社の考えもあるかもしれません。明菜の場合、アルバムを出せば10万枚超え確実。CDが売れない今の時代、ここまで売り上げが見込めるアーティストはレコード会社にとって貴重な存在です。今回、以前所属していたワーナーと現所属のユニバーサルの2つのレコード会社の垣根を越えた発表というのも思惑を感じる。明菜のファンは40~50代が多く、一番CDを買う世代でもありますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る