「蹴られたかった…」綿矢りさの結婚に男性編集者らショック

公開日:  更新日:

 年末年始は、雨後のタケノコのように有名人が結婚ラッシュ。昨年12月30日に霞が関のキャリア官僚(28)とゴールインした作家の綿矢りさ(30)もそのひとりである。

 さかのぼること11年前、早稲田大学在学中に「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞。史上最年少の19歳ということで話題になったが、いつのまにやらすっかり結婚適齢期。2歳年下の旦那とは4年半前に仕事で知り合ったというが、出版界は“綿矢ショック”で傷心のオヤジ編集者が後を絶たないという。

「芥川賞を同時受賞した茶髪のヤンキー風の金原ひとみとは一線を画し、綿矢は長らく文壇の姫として君臨していましたから。正直、ショック。一度は蹴られたかった……」(50代大手出版社社員)

 過去には作家の島田雅彦との仲が報じられたこともある綿矢。その後、島田本人がブログで完全否定する事態に見舞われたのも、姫ファンの多い証しである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る