「蹴られたかった…」綿矢りさの結婚に男性編集者らショック

公開日: 更新日:

 年末年始は、雨後のタケノコのように有名人が結婚ラッシュ。昨年12月30日に霞が関のキャリア官僚(28)とゴールインした作家の綿矢りさ(30)もそのひとりである。

 さかのぼること11年前、早稲田大学在学中に「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞。史上最年少の19歳ということで話題になったが、いつのまにやらすっかり結婚適齢期。2歳年下の旦那とは4年半前に仕事で知り合ったというが、出版界は“綿矢ショック”で傷心のオヤジ編集者が後を絶たないという。

「芥川賞を同時受賞した茶髪のヤンキー風の金原ひとみとは一線を画し、綿矢は長らく文壇の姫として君臨していましたから。正直、ショック。一度は蹴られたかった……」(50代大手出版社社員)

 過去には作家の島田雅彦との仲が報じられたこともある綿矢。その後、島田本人がブログで完全否定する事態に見舞われたのも、姫ファンの多い証しである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る