「花持ってきた」は嘘…極楽・山本“欽ちゃんネタ”で復帰絶望

公開日:  更新日:

 ネタは願望だったのか――。06年に淫行騒動を起こして以降、芸能活動を休止していた「極楽とんぼ」山本圭一(46)。19日に約8年半ぶりとなる復活ライブを行ったが、その際のネタが物議を醸している。

 問題になっているのは「掃除屋きみちゃん」というコントの中で清掃員に扮した山本が「今朝の9時に、山本と欽ちゃんが会ったんだってよ~」「欽ちゃんが花持って来てたんだよ」というセリフ。山本が不祥事を起こした当時、社会人野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」に所属しており、山本は創設者でありオーナーの萩本欽一(73)の顔に泥を塗った形に。07年には山本が宮崎まで謝罪に訪れたが「まだ早いから帰りなさい」と追い返され、「山本の芸能界復帰は“大将”欽ちゃんがOKを出さない限り無理」(芸能関係者)といわれてきた。その欽ちゃんが復帰を祝うために自ら劇場を訪れて花を届けたというので、山本の復帰は今度こそ本当かと思われたのだが……。萩本の所属事務所「佐藤企画」はこの事実を真っ向から否定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る