復活ライブは疑問と謎だらけ 極楽・山本に問われる“本気度”

公開日:  更新日:

 問題はこの後だろう。19日、「極楽とんぼ」山本圭一(46)が下北沢駅前劇場でライブを開催。06年に未成年淫行騒動で所属事務所を解雇されて以来、8年半ぶりの芸能活動再開とあって、会場付近はファンと報道陣とヤジ馬で道路を埋め尽くすほどの人だかりとなった。

 このライブは100席をめぐって1万6612通の応募があった超プレミアチケット。会場には和田アキ子やロンブーなど芸能界の面々からの祝花が並んだが、ライブに登場したのは山本1人でゲストはなし。舞台ではフィギュアの浅田真央や羽生結弦のモノマネなど6本ほどのネタを披露した。

 ライブ中の山本は異常なほど報道陣を警戒していて、途中、観客に「ピンマイク仕込んでないですか?(携帯電話が)通話中になってないですか?」という場面も。また、欽ちゃんこと萩本欽一から差し入れがあったことも明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る