復活ライブは疑問と謎だらけ 極楽・山本に問われる“本気度”

公開日:  更新日:

 問題はこの後だろう。19日、「極楽とんぼ」山本圭一(46)が下北沢駅前劇場でライブを開催。06年に未成年淫行騒動で所属事務所を解雇されて以来、8年半ぶりの芸能活動再開とあって、会場付近はファンと報道陣とヤジ馬で道路を埋め尽くすほどの人だかりとなった。

 このライブは100席をめぐって1万6612通の応募があった超プレミアチケット。会場には和田アキ子やロンブーなど芸能界の面々からの祝花が並んだが、ライブに登場したのは山本1人でゲストはなし。舞台ではフィギュアの浅田真央や羽生結弦のモノマネなど6本ほどのネタを披露した。

 ライブ中の山本は異常なほど報道陣を警戒していて、途中、観客に「ピンマイク仕込んでないですか?(携帯電話が)通話中になってないですか?」という場面も。また、欽ちゃんこと萩本欽一から差し入れがあったことも明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る