“隻眼”アラーキーが大腸ポリープを告白も「死ぬまで撮る」

公開日: 更新日:

「デジタルじゃあ“本物”は撮れないからね。やっぱりフィルムじゃないと(上っ面の)“勝負下着”しか撮れないんだよ」

 デジカメでパシャパシャと撮影する報道陣を指さして笑ったのは写真家の荒木経惟氏(74)。23日、写真展「男 アラーキーの裸ノ顔」の開催を前に取材に応じた。

 ビートたけし王貞治、故・中村勘三郎など200人以上の男の顔を撮ってきた荒木は「男の写真を撮らせたら荒木って実感があるね。最初から裸が好き。男の裸って顔なんだよ。人生とかみんな全部顔に出る。写真家ってそれを複写するだけでいいんだ」と力説。「この写真のサイズがいいんだよ。霊柩車乗ったとき持つのにちょうどいいだろ」と冗談を飛ばしたが、「昨日は大腸ポリープ検査で2つ大きいのが見つかって調子が悪いんだよ。がんじゃなかったけど」といきなりの告白。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る