“隻眼”アラーキーが大腸ポリープを告白も「死ぬまで撮る」

公開日:  更新日:

「デジタルじゃあ“本物”は撮れないからね。やっぱりフィルムじゃないと(上っ面の)“勝負下着”しか撮れないんだよ」

 デジカメでパシャパシャと撮影する報道陣を指さして笑ったのは写真家の荒木経惟氏(74)。23日、写真展「男 アラーキーの裸ノ顔」の開催を前に取材に応じた。

 ビートたけし、王貞治、故・中村勘三郎など200人以上の男の顔を撮ってきた荒木は「男の写真を撮らせたら荒木って実感があるね。最初から裸が好き。男の裸って顔なんだよ。人生とかみんな全部顔に出る。写真家ってそれを複写するだけでいいんだ」と力説。「この写真のサイズがいいんだよ。霊柩車乗ったとき持つのにちょうどいいだろ」と冗談を飛ばしたが、「昨日は大腸ポリープ検査で2つ大きいのが見つかって調子が悪いんだよ。がんじゃなかったけど」といきなりの告白。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る