志賀廣太郎、吉田鋼太郎…売れるおっさん俳優の黄金パターン

公開日:  更新日:

「三匹のおっさん」(テレビ東京系)は以前に当コラムで「アイドルが主役より、おっさんドラマがおもしろい」として触れた。新シリーズ「三匹のおっさん2 正義の味方、ふたたび!!」も好調だ。

 注目すべきは志賀廣太郎(66)。メガネによれよれの服装の通称「ノリ」を演じている。往年の時代劇スター北大路欣也、大物ミュージシャン泉谷しげるとトリオを組むには知名度も見た目もイマイチだったが、前シリーズでプチブレーク。スターの2人より“リアリティーのあるおじさん”として欠かせない存在となっている。

 最近は、脇役の“おじさん”俳優がブレークする傾向にある。志賀よりは若いが、「花子とアン」で途中に出演した吉田鋼太郎(56)は、その存在感と演技で人気上昇。ドラマ後半で新たに登場シーンを加えたほどだ。

 ふたりのコータローの共通点は、ともにCMでもいい味出しているところ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る