志賀廣太郎、吉田鋼太郎…売れるおっさん俳優の黄金パターン

公開日:  更新日:

「三匹のおっさん」(テレビ東京系)は以前に当コラムで「アイドルが主役より、おっさんドラマがおもしろい」として触れた。新シリーズ「三匹のおっさん2 正義の味方、ふたたび!!」も好調だ。

 注目すべきは志賀廣太郎(66)。メガネによれよれの服装の通称「ノリ」を演じている。往年の時代劇スター北大路欣也、大物ミュージシャン泉谷しげるとトリオを組むには知名度も見た目もイマイチだったが、前シリーズでプチブレーク。スターの2人より“リアリティーのあるおじさん”として欠かせない存在となっている。

 最近は、脇役の“おじさん”俳優がブレークする傾向にある。志賀よりは若いが、「花子とアン」で途中に出演した吉田鋼太郎(56)は、その存在感と演技で人気上昇。ドラマ後半で新たに登場シーンを加えたほどだ。

 ふたりのコータローの共通点は、ともにCMでもいい味出しているところ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る