「マッサン」出演 志賀廣太郎が私生活で見せた“無言の凄味”

公開日:  更新日:

 平均視聴率20%割れが不安視されるNHK朝ドラの「マッサン」。それでも、堤真一演じる鴨居欣次郎社長の豪快な手腕ぶりは「見ていてすがすがしい」(TVウオッチャー)と評判は上々だ。

 主人公のマッサンが鴨居商店に入社し、鴨居の面々も出番が増えた。その中、番頭・黒沢を演じる志賀廣太郎(66)は決して目立たないが、存在感たっぷり。名脇役としてドラマを静かにもり立てているが、私生活でもそんな静かなる存在感を発揮しているという。

 桐朋学園の演劇科を卒業していながら、俳優デビューは45歳。遅咲きの名脇役は、とあるインタビューで「活力源は酒」と公言する左党として知られる。少し前にも、大阪・阿倍野にある老舗の大衆居酒屋に出没。その場に居合わせた客のひとりがこう話す。

「平日の昼下がりで客もまばらだったんやけど、男ばかりの3人客が入ってきた。どっかで見たことある顔やな、と、思ったら、志賀さんだった。オーラは全くなかったけどあの頭で分かった。しばらくすると、連れのギョーカイ関係者とおぼしき若い男の携帯が鳴って店内でしゃべろうとしたら、志賀さんはすうっと手で“店の外で話しなさい”と合図しはった。無言の存在感は、はたから見ていて迫力あったわ」(60代男性)

 お見事――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る