「マッサン」出演 志賀廣太郎が私生活で見せた“無言の凄味”

公開日:  更新日:

 平均視聴率20%割れが不安視されるNHK朝ドラの「マッサン」。それでも、堤真一演じる鴨居欣次郎社長の豪快な手腕ぶりは「見ていてすがすがしい」(TVウオッチャー)と評判は上々だ。

 主人公のマッサンが鴨居商店に入社し、鴨居の面々も出番が増えた。その中、番頭・黒沢を演じる志賀廣太郎(66)は決して目立たないが、存在感たっぷり。名脇役としてドラマを静かにもり立てているが、私生活でもそんな静かなる存在感を発揮しているという。

 桐朋学園の演劇科を卒業していながら、俳優デビューは45歳。遅咲きの名脇役は、とあるインタビューで「活力源は酒」と公言する左党として知られる。少し前にも、大阪・阿倍野にある老舗の大衆居酒屋に出没。その場に居合わせた客のひとりがこう話す。

「平日の昼下がりで客もまばらだったんやけど、男ばかりの3人客が入ってきた。どっかで見たことある顔やな、と、思ったら、志賀さんだった。オーラは全くなかったけどあの頭で分かった。しばらくすると、連れのギョーカイ関係者とおぼしき若い男の携帯が鳴って店内でしゃべろうとしたら、志賀さんはすうっと手で“店の外で話しなさい”と合図しはった。無言の存在感は、はたから見ていて迫力あったわ」(60代男性)

 お見事――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る