離婚した田川寿美は歌詞の通りに悲しみを乗り越えられるか

公開日: 更新日:

 演歌歌手・田川寿美(39)が離婚したことを明らかにした。所属事務所からのファクスによると、「お互いの仕事の都合で別居生活という形でのスタートでしたので、すれ違いが重なり、そこを埋めることができなかった」という。

「この結婚は初めから無理な形でのスタートでした」と言うのは某事情通。続けて、「田川が大阪の映像制作会社役員だった13歳年上の元夫と知り合ったのは09年。その3カ月後には“お嫁さんになって欲しい”とプロポーズされたそうですが、田川はずっと悩み続けていた。当然“別居婚”が前提となるからです。しかし、その後も彼の猛アタックに押され、ちょうどデビュー20周年の節目だった11年に入籍していた」とか。

 12年に出産した長男の親権は田川が持つことに。「幼い息子のために母として(中略)これからも歌の道に邁進してまいりたいと思います」とファクスでコメントしていたが、そんな田川が今、力を入れているのは2月に発売された「女の舟唄」。その歌詞にはこんなフレーズがある。

♪未練心の海峡を きっと越えます 明日を探す――。

 人は幸せになるために離婚を決断する。この歌詞通り、母ひとり子ひとり、苦境を乗り越えてほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  3. 3

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  4. 4

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  5. 5

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  6. 6

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  7. 7

    経済を揺るがす関電問題&前厚労政務官口利き疑惑も追及を

  8. 8

    新制度開始直前 前代未聞だった「全高長」の導入延期要請

  9. 9

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  10. 10

    ジョセフHC契約延長も…ラグビー日本は守備コーチ残留せず

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る