• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

離婚した田川寿美は歌詞の通りに悲しみを乗り越えられるか

 演歌歌手・田川寿美(39)が離婚したことを明らかにした。所属事務所からのファクスによると、「お互いの仕事の都合で別居生活という形でのスタートでしたので、すれ違いが重なり、そこを埋めることができなかった」という。

「この結婚は初めから無理な形でのスタートでした」と言うのは某事情通。続けて、「田川が大阪の映像制作会社役員だった13歳年上の元夫と知り合ったのは09年。その3カ月後には“お嫁さんになって欲しい”とプロポーズされたそうですが、田川はずっと悩み続けていた。当然“別居婚”が前提となるからです。しかし、その後も彼の猛アタックに押され、ちょうどデビュー20周年の節目だった11年に入籍していた」とか。

 12年に出産した長男の親権は田川が持つことに。「幼い息子のために母として(中略)これからも歌の道に邁進してまいりたいと思います」とファクスでコメントしていたが、そんな田川が今、力を入れているのは2月に発売された「女の舟唄」。その歌詞にはこんなフレーズがある。

♪未練心の海峡を きっと越えます 明日を探す――。

 人は幸せになるために離婚を決断する。この歌詞通り、母ひとり子ひとり、苦境を乗り越えてほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る