ファン狂喜! “還暦”アグネス・チャンが膝上15cmミニ姿

公開日:  更新日:

 AKB48あたりの誰かと思ったら……おや、まあ。60歳になったアグネス・チャンが誕生日当日の20日、還暦バースデーイベントを行った。

 この日の衣装は真っ赤なちゃんちゃんこならぬ、真っ赤なウエディングドレス。スタッフからの要望でド派手な衣装になったというが、芸能界広しといえども、膝上15センチのミニを着こなす「還暦アイドル」はそうはいないんじゃないか。

 もっとも、本人もまんざらでもないようで「ミニのドレスを着るとアイドル時代の気持ちを思い出します。鏡を見たら、脚は大丈夫でした。皆さん、どうですか~?」と、会場に集まったファン100人にノリノリで質問。「カワイイよー、大丈夫だよー」といった声援が返ってくると、満面の笑みを見せていた。

 この日会場となった東京・銀座の「ケネディ・ハウス」(旧メイツ)は今から43年前、デビュー直後に初めて日本の観客の前で歌を披露した“原点”の場所だ。そんな思い出のステージで新曲「プロポーズ」を熱唱したアグネスの口からは、こんな自虐交じり(?)の“生涯現役アイドル”宣言も飛び出した。

「きょうから新たに生まれ変わった気持ちで、皆さんの心のアイドルで居続けることを誓います。香港から日本に来て43年、いまだに日本語が上達していないという噂もありますが、これでも精いっぱい頑張ってます!これからも健康に気をつけ、ミニスカートのはけるおばあちゃんになりたいです!!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る