日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

さんま4時間“還暦”特番…深刻化するTV界の「高齢化現象」

 水曜日に還暦を迎えたお祝い番組として「さんまでっか!?TV」(フジテレビ系)が放送され、さんま&マツコの初ふたり旅VTRのほかに、スタジオ生放送ではSMAPらタレント50人が祝福した。内容は面白くても、この特番が4時間半の長さ! 相変わらず大物芸人の冠特番に頼っているテレビは問題だ。

 これで“お笑いビッグ3”が3人とも還暦オーバー。たけし(68)、さんま(60)、タモリ(69)で、タモさんにいたっては来月70歳! あの懐かしの80年の漫才ブーム直後にブレークした時は30代ふたりと20代だったのに。

 ちなみに、ビッグ3と所ジョージ(還暦!)の下の代では、とんねるずとダウンタウンが50代、ウンナン、爆笑問題がアラフィフ、ナイナイが40代半ば。ほとんど20代から冠番組を持っている。しかも、20年も30年も同じ番組をずーっとやっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事