アニソン帝王・水木一郎「世界一有名な日本人」までの道のり

公開日: 更新日:

「世界で一番有名なJapanese、それは水木一郎」――。そんな見出しにホンマかいな? と手に取ったのが、発売中のムック「JAPAN CLASS」(東邦出版)だ。

 同書は外国人のコメントをもとに、ニッポンを再発見、再評価するムックの第3弾。これまでに10万部以上を売り上げた人気本だ。気になる「世界で一番有名」の根拠は、ウィキペディアで、「水木は現存する日本人最多の約90言語で紹介され、少なくとも90カ国以上にファンがいるという驚異の知名度を誇っている」(同書から)との説明が……。

 水木一郎(67)の本業は歌手。それもアニソン(アニメ・特撮作品のソング)の帝王と呼ばれる斯界のパイオニアで、かれこれ40年以上にわたって歌い続け、1200曲を超える持ち歌がある。同書では今年2月に行われた中米・コスタリカの水木のライブがいかに盛況だったか紹介されていて、「コンサートが始まる前から水木の愛称『ANIKI(アニキ)』コールが響き渡り、立ち上がって拳を振り上げるなど超エキサイト。シャイな民族と聞かされていた水木もびっくり」と伝えているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る