アニソン帝王・水木一郎「世界一有名な日本人」までの道のり

公開日: 更新日:

「世界で一番有名なJapanese、それは水木一郎」――。そんな見出しにホンマかいな? と手に取ったのが、発売中のムック「JAPAN CLASS」(東邦出版)だ。

 同書は外国人のコメントをもとに、ニッポンを再発見、再評価するムックの第3弾。これまでに10万部以上を売り上げた人気本だ。気になる「世界で一番有名」の根拠は、ウィキペディアで、「水木は現存する日本人最多の約90言語で紹介され、少なくとも90カ国以上にファンがいるという驚異の知名度を誇っている」(同書から)との説明が……。

 水木一郎(67)の本業は歌手。それもアニソン(アニメ・特撮作品のソング)の帝王と呼ばれる斯界のパイオニアで、かれこれ40年以上にわたって歌い続け、1200曲を超える持ち歌がある。同書では今年2月に行われた中米・コスタリカの水木のライブがいかに盛況だったか紹介されていて、「コンサートが始まる前から水木の愛称『ANIKI(アニキ)』コールが響き渡り、立ち上がって拳を振り上げるなど超エキサイト。シャイな民族と聞かされていた水木もびっくり」と伝えているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    “瀬戸大也にモラル”は八百屋に魚 味の素CM削除は自業自得

もっと見る