アニソン帝王・水木一郎「世界一有名な日本人」までの道のり

公開日:  更新日:

「世界で一番有名なJapanese、それは水木一郎」――。そんな見出しにホンマかいな? と手に取ったのが、発売中のムック「JAPAN CLASS」(東邦出版)だ。

 同書は外国人のコメントをもとに、ニッポンを再発見、再評価するムックの第3弾。これまでに10万部以上を売り上げた人気本だ。気になる「世界で一番有名」の根拠は、ウィキペディアで、「水木は現存する日本人最多の約90言語で紹介され、少なくとも90カ国以上にファンがいるという驚異の知名度を誇っている」(同書から)との説明が……。

 水木一郎(67)の本業は歌手。それもアニソン(アニメ・特撮作品のソング)の帝王と呼ばれる斯界のパイオニアで、かれこれ40年以上にわたって歌い続け、1200曲を超える持ち歌がある。同書では今年2月に行われた中米・コスタリカの水木のライブがいかに盛況だったか紹介されていて、「コンサートが始まる前から水木の愛称『ANIKI(アニキ)』コールが響き渡り、立ち上がって拳を振り上げるなど超エキサイト。シャイな民族と聞かされていた水木もびっくり」と伝えているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る