日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芸能生活30年 哀川翔を“Vシネ帝王”にのし上げた俳優哲学

 今年、めでたく芸能生活30周年を迎えた俳優の哀川翔が、映画づいている。6月に1カ月間、新潟・佐渡島で合宿し、撮り上げたのが「Zアイランド(仮題)」(来年公開)だ。映画「サンブンノイチ」に続いて品川ヒロシ監督と再タッグを組んだ。

 その後クランクインしたのが、東映Vシネマ25周年記念映画「25」(鹿島勤監督、11月1日公開)。“Vシネマの帝王”こと哀川が主演する。Vシネマは、1989年に東映ビデオが「レンタルビデオ店でしか見られない映画を」のコンセプトで立ち上げたレーベル。

 世良公則主演の「クライムハンター 怒りの銃弾」を皮切りに、エロス、ギャンブル、ホラーなど約250本を製作。哀川の初主演作「ネオ チンピラ 鉄砲玉ぴゅ~」もVシネマで、これまでに「とられてたまるか」や「組織暴力」シリーズなどヒットシリーズをものにしてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事