「ジブリ」の次は「ヱヴァ」 アニメ頼みの日テレに未来はあるか

公開日:  更新日:

「安直すぎないか」という声もある。今月4日から3週連続、金曜夜に宮崎アニメを放送した日本テレビだ。その「ジブリまつり」に続き、来月22日からはアニメ「ヱヴァンゲリヲン」で「ヱヴァまつり。12年に公開されてヒットした「新劇場版:Q」も地上波に初登場する。

「ジブリまつりは同時間帯で最高視聴率と、他局を圧倒しましたからね。日テレとしては二匹目のドジョウ狙いってところでしょう。ただまあ、いくらヱヴァが根強い人気があるとはいえ、老若男女に支持されるジブリほどの広がりはありません。ジブリまつりは初回で20%を超えましたが、ヱヴァは“7掛け”がいいところじゃないですか」(放送作家)

 日テレ局員のテンションも、視聴率ほどには高くないようだ。

「過去の成功体験を断ち切れないフジテレビなんて、散々こき下ろされましたが、たとえ焼き直しでも、キムタクの『HERO』は新しく作り直して高視聴率をたたき出した。『若者たち』にしても何にしても、少なくとも新作です。アニメの再放送で数字を稼ごうとする無策のウチより、若いスタッフは育ちますよ。ウチは春の改編で現状維持、あまり手をつけなかったことで好調をキープしましたが、フジの方に底力すら感じますね」(日テレ中堅社員)

 日テレに未来はあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る