「ジブリ」の次は「ヱヴァ」 アニメ頼みの日テレに未来はあるか

公開日: 更新日:

「安直すぎないか」という声もある。今月4日から3週連続、金曜夜に宮崎アニメを放送した日本テレビだ。その「ジブリまつり」に続き、来月22日からはアニメ「ヱヴァンゲリヲン」で「ヱヴァまつり。12年に公開されてヒットした「新劇場版:Q」も地上波に初登場する。

「ジブリまつりは同時間帯で最高視聴率と、他局を圧倒しましたからね。日テレとしては二匹目のドジョウ狙いってところでしょう。ただまあ、いくらヱヴァが根強い人気があるとはいえ、老若男女に支持されるジブリほどの広がりはありません。ジブリまつりは初回で20%を超えましたが、ヱヴァは“7掛け”がいいところじゃないですか」(放送作家)

 日テレ局員のテンションも、視聴率ほどには高くないようだ。

「過去の成功体験を断ち切れないフジテレビなんて、散々こき下ろされましたが、たとえ焼き直しでも、キムタクの『HERO』は新しく作り直して高視聴率をたたき出した。『若者たち』にしても何にしても、少なくとも新作です。アニメの再放送で数字を稼ごうとする無策のウチより、若いスタッフは育ちますよ。ウチは春の改編で現状維持、あまり手をつけなかったことで好調をキープしましたが、フジの方に底力すら感じますね」(日テレ中堅社員)

 日テレに未来はあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

  9. 9

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

  10. 10

    熱海の空き家がなんと「1円」…購入はお宝か、お荷物か?

もっと見る