「ジブリ」の次は「ヱヴァ」 アニメ頼みの日テレに未来はあるか

公開日:  更新日:

「安直すぎないか」という声もある。今月4日から3週連続、金曜夜に宮崎アニメを放送した日本テレビだ。その「ジブリまつり」に続き、来月22日からはアニメ「ヱヴァンゲリヲン」で「ヱヴァまつり。12年に公開されてヒットした「新劇場版:Q」も地上波に初登場する。

「ジブリまつりは同時間帯で最高視聴率と、他局を圧倒しましたからね。日テレとしては二匹目のドジョウ狙いってところでしょう。ただまあ、いくらヱヴァが根強い人気があるとはいえ、老若男女に支持されるジブリほどの広がりはありません。ジブリまつりは初回で20%を超えましたが、ヱヴァは“7掛け”がいいところじゃないですか」(放送作家)

 日テレ局員のテンションも、視聴率ほどには高くないようだ。

「過去の成功体験を断ち切れないフジテレビなんて、散々こき下ろされましたが、たとえ焼き直しでも、キムタクの『HERO』は新しく作り直して高視聴率をたたき出した。『若者たち』にしても何にしても、少なくとも新作です。アニメの再放送で数字を稼ごうとする無策のウチより、若いスタッフは育ちますよ。ウチは春の改編で現状維持、あまり手をつけなかったことで好調をキープしましたが、フジの方に底力すら感じますね」(日テレ中堅社員)

 日テレに未来はあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る