てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「努力賞以外で勝とうなんて、この世界、無理ですよ、我々は」by 山里亮太(南海キャンディーズ)

公開日:  更新日:
(C)日刊ゲンダイ

日本テレビ「ナカイの窓」(8月19日放送)

「『山ちゃん以前』『山ちゃん以後』で、漫才のツッコミの歴史が分かれている」

 南海キャンディーズの山里亮太(38)のツッコミフレーズは、芸人仲間にそう評価されている。しかも、本人は膨大な数のフレーズを常に準備しているという。それでも「努力は見切れちゃ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る