てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「自分で思ってるんです、最近。とんでもない人間だな、俺って」by 若林正恭(オードリー)

公開日: 更新日:
オードリーの若林正恭(C)日刊ゲンダイ

フジテレビ「さんまのまんま」(9月27日放送)

 この日、なぜか「みぞおちが熱くなるような恋愛をしたことがあるか」と恋愛相談を始めたオードリーの若林正恭(37)。彼が明石家さんま相手に自嘲して語った言葉を今週は取り上げたい。

 若林が「だって愛しもしないくせに愛して欲しいんです。愛せる人間になりた…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る