花王と契約でCM9社 大手企業の常識覆す“マツコ売れ”伝説

公開日:  更新日:

 13日、花王の歯磨き粉「薬用ピュオーラ」発表会見に出席したマツコ・デラックス(42)。歯磨き粉のCM初出演となったマツコは「爽やかなイメージがあるし、ご迷惑おかけするからお断りしようか一瞬、考えた。でもしちゃうよね、契約」とCMの契約金に目がくらんだことを明かし、「歯磨き粉、シャンプー、コスメのCMは来ないと思っていた。食べ物のCMも、食べたら私みたいになっちゃうと思われるかもしれないでしょ。でも、意外とクリアしてきたの」と自慢げに語った。

 それもそのはず、今や「マツコが褒めた商品は必ずバカ売れ」という伝説があるからだ。

 “マツコ売れ”が顕著だったのが、冠番組「マツコの知らない世界」(TBS系)で放送された「セブン―イレブン」特集。「おいしい」と言ったサンドイッチや白ワインは売り切れ店が続出し、「金のハンバーグ」は放送後に売り上げが3・8倍に。「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で試飲した「千疋屋」のざくろジュースも品薄状態になり、「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)でサービスエリアのメロンパンを大人買いしたシーンが流れると、これまたバカ売れ。「毒舌」マツコの“ツンデレ”が商品の売れ行きを大きく左右している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る