CM9社! 西島秀俊が「ナショナルブランド」に受けるワケ

公開日: 更新日:

 西島秀俊(43)が17日、CMキャラクターを務める「日清ラ王 冷やし中華」のイベントに出席。新宿ルミネエストの屋上にオープンした「冷やガーデン」(~7月3日)で、自身が考案したオリジナル冷やし中華を披露した。

 飛ぶ鳥を落とす勢いの俳優はCMキャラクターに引っ張りダコだ。昨年のNHK大河「八重の桜」に出演して以降、起用社数をグングン増やしている。「2013タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)では、7社で初の上位ランクイン。今年に入ってさらに2社増えている。

「ストロベリーナイト」や「ダブルフェイス」といった話題を呼んだドラマに立て続けに出演し、“大河俳優”のハクも付いた。その勢いのまま、テレビ局2社が共同制作するドラマ「MOZU」では主演を張るトップランナー。人気も知名度も申し分ない。スズキ、ライオン、パナソニック、ローソン、武田薬品、ANA……と「ナショナルブランド」ばかりなのも当然か。なにせ「鍛え抜かれた西島の肉体美は視聴率の起爆剤」(テレビ局関係者)といわれるぐらい女性の人気が高い。軽自動車、衣料用柔軟剤、家電、スイーツと女性をターゲットにした商品で起用されるのもうなずける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  10. 9

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る