CM9社! 西島秀俊が「ナショナルブランド」に受けるワケ

公開日:  更新日:

 西島秀俊(43)が17日、CMキャラクターを務める「日清ラ王 冷やし中華」のイベントに出席。新宿ルミネエストの屋上にオープンした「冷やガーデン」(~7月3日)で、自身が考案したオリジナル冷やし中華を披露した。

 飛ぶ鳥を落とす勢いの俳優はCMキャラクターに引っ張りダコだ。昨年のNHK大河「八重の桜」に出演して以降、起用社数をグングン増やしている。「2013タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)では、7社で初の上位ランクイン。今年に入ってさらに2社増えている。

「ストロベリーナイト」や「ダブルフェイス」といった話題を呼んだドラマに立て続けに出演し、“大河俳優”のハクも付いた。その勢いのまま、テレビ局2社が共同制作するドラマ「MOZU」では主演を張るトップランナー。人気も知名度も申し分ない。スズキ、ライオン、パナソニック、ローソン、武田薬品、ANA……と「ナショナルブランド」ばかりなのも当然か。なにせ「鍛え抜かれた西島の肉体美は視聴率の起爆剤」(テレビ局関係者)といわれるぐらい女性の人気が高い。軽自動車、衣料用柔軟剤、家電、スイーツと女性をターゲットにした商品で起用されるのもうなずける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る