• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

CM9社! 西島秀俊が「ナショナルブランド」に受けるワケ

 西島秀俊(43)が17日、CMキャラクターを務める「日清ラ王 冷やし中華」のイベントに出席。新宿ルミネエストの屋上にオープンした「冷やガーデン」(~7月3日)で、自身が考案したオリジナル冷やし中華を披露した。

 飛ぶ鳥を落とす勢いの俳優はCMキャラクターに引っ張りダコだ。昨年のNHK大河「八重の桜」に出演して以降、起用社数をグングン増やしている。「2013タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)では、7社で初の上位ランクイン。今年に入ってさらに2社増えている。

「ストロベリーナイト」や「ダブルフェイス」といった話題を呼んだドラマに立て続けに出演し、“大河俳優”のハクも付いた。その勢いのまま、テレビ局2社が共同制作するドラマ「MOZU」では主演を張るトップランナー。人気も知名度も申し分ない。スズキ、ライオン、パナソニック、ローソン、武田薬品、ANA……と「ナショナルブランド」ばかりなのも当然か。なにせ「鍛え抜かれた西島の肉体美は視聴率の起爆剤」(テレビ局関係者)といわれるぐらい女性の人気が高い。軽自動車、衣料用柔軟剤、家電、スイーツと女性をターゲットにした商品で起用されるのもうなずける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る