CM出演、メディアにも続々登場 清原和博“完全復活”の舞台裏

公開日:  更新日:

「最近、いろいろな媒体に出られてますよね。スポーツ紙の1面で清宮のことを語られたり。復活されたんですか?」

 オリックスの某選手がこう言った。

 22日付のスポーツニッポンの1面に登場し、「僕を超える」「全然力が上ですよ」「素晴らしい」と早実1年生の清宮幸太郎をこれでもかと持ち上げた元先輩の清原和博(48)を見て、「何かあったんですか?」と続けるのである。

「昨年3月の週刊文春のあの疑惑報道以来、野球評論家としてもタレントとしても“開店休業”状態。グラウンドからはもちろん、テレビ画面からもすっかり姿を消していましたからね。パチンコ店のイベントなどで糊口をしのぐ様子が週刊誌でちらほら報じられるくらいで、昨年12月に盟友の大魔神佐々木の殿堂入りパーティーに姿を現したときは球界関係者からどよめきが起きたほど。離婚をし、都内のウイークリーマンションを転々としているとのウワサもあって、一時は球界で『消息不明』と心配されていた」(民放局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る