「元○○夫人」の肩書を武器に…紗栄子とデヴィ夫人の共通点

公開日: 更新日:

 紗栄子(28)とは不思議なタレントである。17歳の時に「日テレジェニック」に選ばれ芸能界入り。モデル、タレント、女優として活躍の幅を広げたが、さしたる実績はなかった。

 名前を一躍、世間にとどろかせたのはダルビッシュ有との結婚だった。まだ21歳の若さに「ままごと婚」とも揶揄された。2人の男の子をもうけたが、5年後に離婚。再び紗栄子に注目が集まった。離婚がダルビッシュの大リーグ移籍と重なり、慰謝料はなかったとされるが、「莫大な養育費」と関心はお金に移行していた。

 実際、離婚後は人も羨むセレブ生活。「向上心の強い子」と地元・宮崎の友人から聞いたが、紗栄子の動きはファッション界に重心を移し活発化。離婚が幸運を呼び込んだかのように、ダルビッシュが活躍すればするほど紗栄子の注目度が増した。

 元夫の名前で知名度を上げたのは、インドネシアのスカルノ元大統領夫人だったデヴィ夫人ぐらいしか知らない。離婚はマイナスのイメージだが、プラスに転じる。かつて芸能界では大橋巨泉らを輩出したことから「早大は中退者が成功する」と言われたのと似ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

  7. 7

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  8. 8

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  9. 9

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  10. 10

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る