「元○○夫人」の肩書を武器に…紗栄子とデヴィ夫人の共通点

公開日:  更新日:

 紗栄子(28)とは不思議なタレントである。17歳の時に「日テレジェニック」に選ばれ芸能界入り。モデル、タレント、女優として活躍の幅を広げたが、さしたる実績はなかった。

 名前を一躍、世間にとどろかせたのはダルビッシュ有との結婚だった。まだ21歳の若さに「ままごと婚」とも揶揄された。2人の男の子をもうけたが、5年後に離婚。再び紗栄子に注目が集まった。離婚がダルビッシュの大リーグ移籍と重なり、慰謝料はなかったとされるが、「莫大な養育費」と関心はお金に移行していた。

 実際、離婚後は人も羨むセレブ生活。「向上心の強い子」と地元・宮崎の友人から聞いたが、紗栄子の動きはファッション界に重心を移し活発化。離婚が幸運を呼び込んだかのように、ダルビッシュが活躍すればするほど紗栄子の注目度が増した。

 元夫の名前で知名度を上げたのは、インドネシアのスカルノ元大統領夫人だったデヴィ夫人ぐらいしか知らない。離婚はマイナスのイメージだが、プラスに転じる。かつて芸能界では大橋巨泉らを輩出したことから「早大は中退者が成功する」と言われたのと似ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る