「元○○夫人」の肩書を武器に…紗栄子とデヴィ夫人の共通点

公開日: 更新日:

 紗栄子(28)とは不思議なタレントである。17歳の時に「日テレジェニック」に選ばれ芸能界入り。モデル、タレント、女優として活躍の幅を広げたが、さしたる実績はなかった。

 名前を一躍、世間にとどろかせたのはダルビッシュ有との結婚だった。まだ21歳の若さに「ままごと婚」とも揶揄された。2人の男の子をもうけたが、5年後に離婚。再び紗栄子に注目が集まった。離婚がダルビッシュの大リーグ移籍と重なり、慰謝料はなかったとされるが、「莫大な養育費」と関心はお金に移行していた。

 実際、離婚後は人も羨むセレブ生活。「向上心の強い子」と地元・宮崎の友人から聞いたが、紗栄子の動きはファッション界に重心を移し活発化。離婚が幸運を呼び込んだかのように、ダルビッシュが活躍すればするほど紗栄子の注目度が増した。

 元夫の名前で知名度を上げたのは、インドネシアのスカルノ元大統領夫人だったデヴィ夫人ぐらいしか知らない。離婚はマイナスのイメージだが、プラスに転じる。かつて芸能界では大橋巨泉らを輩出したことから「早大は中退者が成功する」と言われたのと似ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  3. 3

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  6. 6

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  7. 7

    石破氏が衝撃発言 改めて震撼する前法相夫妻巡る国家犯罪

  8. 8

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  9. 9

    検察庁法改正ではなく刑法185条の罰則規定の具体化が必要

  10. 10

    差別は悪なのに…なくならないのは利用する者もいるからだ

もっと見る