• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「元○○夫人」の肩書を武器に…紗栄子とデヴィ夫人の共通点

 紗栄子(28)とは不思議なタレントである。17歳の時に「日テレジェニック」に選ばれ芸能界入り。モデル、タレント、女優として活躍の幅を広げたが、さしたる実績はなかった。

 名前を一躍、世間にとどろかせたのはダルビッシュ有との結婚だった。まだ21歳の若さに「ままごと婚」とも揶揄された。2人の男の子をもうけたが、5年後に離婚。再び紗栄子に注目が集まった。離婚がダルビッシュの大リーグ移籍と重なり、慰謝料はなかったとされるが、「莫大な養育費」と関心はお金に移行していた。

 実際、離婚後は人も羨むセレブ生活。「向上心の強い子」と地元・宮崎の友人から聞いたが、紗栄子の動きはファッション界に重心を移し活発化。離婚が幸運を呼び込んだかのように、ダルビッシュが活躍すればするほど紗栄子の注目度が増した。

 元夫の名前で知名度を上げたのは、インドネシアのスカルノ元大統領夫人だったデヴィ夫人ぐらいしか知らない。離婚はマイナスのイメージだが、プラスに転じる。かつて芸能界では大橋巨泉らを輩出したことから「早大は中退者が成功する」と言われたのと似ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る