• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連ドラ出演の紗栄子 ヒールイメージ逆手に狙うは“菜々緒枠”

 12日にスタートした新ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」(フジテレビ系)で、8年半ぶりに連ドラ出演を果たした紗栄子(28)の評判が芳しくない。

 最初のつまずきは、9月に行われた制作発表会で「ドラマで着用する制服以外の衣装はすべて自分でスタイリングします」という発言。この言葉に対しネットでは、「大女優だってそんなことしないのに、何サマのつもり?」「どうせ自分のブランドの宣伝をしたいだけ」「誰も紗栄子のコーデを真似したいと思わないと思う」等々、批判の嵐となった。

 さらに「昔は台本丸々覚えたはずなのに、今は3行のセリフを覚えるのにも必死」との発言には「それなら女優やらなきゃいいのに」、初回オンエア後のブログで「大根すぎて自分でもびっくり」と言えば、「服をアレンジする暇があったら演技の稽古をしろ」と、もう袋叩き状態なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る