• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いま一度見直したい「映画俳優」としての川崎敬三さん

 11月は映画俳優にとって鬼門である。昨年11月は高倉健さん、菅原文太さん、この11月は原節子さん、川崎敬三さんの訃報である。

 もっとも、川崎さんは7月、原さんは9月にすでに亡くなっていたという。故人の遺志で死去が伏せられていた。はたからでは及びもつかないお2人の強い決意のほどがうかがえる。

「永遠の処女」「伝説の大女優」という活字が躍る原さんの報道は大きかった。映画史に残る大女優だから当然といえば当然だが、川崎さんに関しては映画俳優としての記述があまりに少なく、唖然とさせられた。映画の川崎敬三を知っている人が極端に少なくなったのであろう。

 川崎さんは大映時代、若尾文子らの相手役としての存在感がとても大きな俳優だった。気弱で優男。だが、腹にいちもつある女好き。だらしない男の役が絶品だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事