いま一度見直したい「映画俳優」としての川崎敬三さん

公開日:  更新日:

 11月は映画俳優にとって鬼門である。昨年11月は高倉健さん、菅原文太さん、この11月は原節子さん、川崎敬三さんの訃報である。

 もっとも、川崎さんは7月、原さんは9月にすでに亡くなっていたという。故人の遺志で死去が伏せられていた。はたからでは及びもつかないお2人の強い決意のほどがうかがえる。

「永遠の処女」「伝説の大女優」という活字が躍る原さんの報道は大きかった。映画史に残る大女優だから当然といえば当然だが、川崎さんに関しては映画俳優としての記述があまりに少なく、唖然とさせられた。映画の川崎敬三を知っている人が極端に少なくなったのであろう。

 川崎さんは大映時代、若尾文子らの相手役としての存在感がとても大きな俳優だった。気弱で優男。だが、腹にいちもつある女好き。だらしない男の役が絶品だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  3. 3

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  9. 9

    ソフトB1位・甲斐野央がかなえた「父のもうひとつの夢」

  10. 10

    東京五輪マラソン「5時半スタート」案に陸連顧問が猛反論

もっと見る