健さん、文太もいなくなり…最後の大物・小林旭の“大車輪”

公開日:  更新日:

「よほどカネに困ってるのか」なんて意地悪な声もあるが、確かかつてゴルフ場開発でつくった莫大な借金はすべて返済したはず。やはり、この人の実力、タフガイぶりの証明というべきだろう。「最後の大物」小林旭(76)が八面六臂の活躍を見せている。6月2、3日は北トピア(完売御礼)、7月8、9日が中野サンプラザ、9月3、4日が大田区民ホール、同8、9日は清水文化会館、同10、11日は浜北文化センターという具合で、年末まで全国各地の公演予定がビッシリだ。

「出し物はかつて“渡り鳥シリーズ”でコンビを組んだ浅丘ルリ子(写真右)と演じる『無法松の一生』。07年には大阪・新歌舞伎座の1カ月公演を満員にした大ヒット演目です。やはり集客力は抜群ということでしょう」(興行関係者)

 裕次郎、ひばりはもちろん、特に最近は高倉健、菅原文太という昭和を代表する2大スターも鬼籍に入ってしまった。もうあの時代を語れるのはアキラ、ルリ子以外にほとんどいない。そんなオールドファンの感情も相まって再ブームとなっているのかも知れない。現役バリバリ、永遠のマイトガイ。“昔の名前”と呼ぶのはまだ早いようで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る