• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

健さん、文太もいなくなり…最後の大物・小林旭の“大車輪”

「よほどカネに困ってるのか」なんて意地悪な声もあるが、確かかつてゴルフ場開発でつくった莫大な借金はすべて返済したはず。やはり、この人の実力、タフガイぶりの証明というべきだろう。「最後の大物」小林旭(76)が八面六臂の活躍を見せている。6月2、3日は北トピア(完売御礼)、7月8、9日が中野サンプラザ、9月3、4日が大田区民ホール、同8、9日は清水文化会館、同10、11日は浜北文化センターという具合で、年末まで全国各地の公演予定がビッシリだ。

「出し物はかつて“渡り鳥シリーズ”でコンビを組んだ浅丘ルリ子(写真右)と演じる『無法松の一生』。07年には大阪・新歌舞伎座の1カ月公演を満員にした大ヒット演目です。やはり集客力は抜群ということでしょう」(興行関係者)

 裕次郎、ひばりはもちろん、特に最近は高倉健、菅原文太という昭和を代表する2大スターも鬼籍に入ってしまった。もうあの時代を語れるのはアキラ、ルリ子以外にほとんどいない。そんなオールドファンの感情も相まって再ブームとなっているのかも知れない。現役バリバリ、永遠のマイトガイ。“昔の名前”と呼ぶのはまだ早いようで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る