健さん、文太もいなくなり…最後の大物・小林旭の“大車輪”

公開日:  更新日:

「よほどカネに困ってるのか」なんて意地悪な声もあるが、確かかつてゴルフ場開発でつくった莫大な借金はすべて返済したはず。やはり、この人の実力、タフガイぶりの証明というべきだろう。「最後の大物」小林旭(76)が八面六臂の活躍を見せている。6月2、3日は北トピア(完売御礼)、7月8、9日が中野サンプラザ、9月3、4日が大田区民ホール、同8、9日は清水文化会館、同10、11日は浜北文化センターという具合で、年末まで全国各地の公演予定がビッシリだ。

「出し物はかつて“渡り鳥シリーズ”でコンビを組んだ浅丘ルリ子(写真右)と演じる『無法松の一生』。07年には大阪・新歌舞伎座の1カ月公演を満員にした大ヒット演目です。やはり集客力は抜群ということでしょう」(興行関係者)

 裕次郎、ひばりはもちろん、特に最近は高倉健、菅原文太という昭和を代表する2大スターも鬼籍に入ってしまった。もうあの時代を語れるのはアキラ、ルリ子以外にほとんどいない。そんなオールドファンの感情も相まって再ブームとなっているのかも知れない。現役バリバリ、永遠のマイトガイ。“昔の名前”と呼ぶのはまだ早いようで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る