• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

追悼・川崎敬三さん TV史に残る生放送中のアドリブ降板劇

 テレビ朝日系のワイドショー「アフタヌーンショー」の司会などで親しまれた俳優の川崎敬三(本名・陶山恵司)さんが今年7月、川崎市内の病院で死去していたことが24日、わかった。享年82。

 大映出身の二枚目俳優で、若尾文子や山本富士子の相手役としても活躍。

 74年からは「アフタヌーンショー」の司会を担当。番組リポーターだった山本耕一の口癖「そぉ~なんですよ、川崎さん」は大流行。「ザ・ぼんち」のネタにもなり、「恋のぼんちシート」のレコードがヒットしたこともあった。

 しかし、同番組は85年にディレクターが「面白い場面が撮りたい」と未成年をけしかけて暴行を指示した「やらせリンチ事件」が発覚。これが一気に社会問題となり、当時の中曽根総理が「遺憾」とコメントし、番組スポンサーも降板するという前代未聞の事態に発展。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  7. 7

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る