「下町ロケット」には高島彩まで “素人”起用はなぜ成功?

公開日:  更新日:

「ウーン、その手があったか」「してやられた」――ドラマ関係者が舌を巻いている。現在ヒット中の「あさが来た」(NHK)と「下町ロケット」(TBS)がまったく同じ手法を使っていることだ。

 その手法とは“素人作戦”。「あさが来た」では笑福亭鶴瓶、桂文珍、辻本茂雄(吉本新喜劇座長)など、「下町ロケット」でも立川談春、恵俊彰、春風亭昇太、東国原英夫、今田耕司、ルー大柴――ついには人気フリーアナの高島彩も投入してきた。「あさが来た」ではれっきとした劇団座長ながら、ドラマではあまり見かけない三宅裕司の出演も話題になっている。「素人作戦」はどうして成功したのか。コラムニストのペリー荻野氏が分析する。

「話題性抜群なのはもちろんですが、“ドラマに出るのが珍しい”とはいえ、みなさんそれぞれの世界では確固とした実績を持っている方たちばかりです。セリフ回しに関しては駆け出しの俳優よりずっと安心して見ていられる。そういうキャストを起用することでドラマ全体に余裕が出てきますよね。さらに『あさが来た』の場合には、文珍さんが、うどん屋さんの役でチラッと出るなどの遊び心もあって、“あの人は一体いつ出てくるか”という興味がそそられる部分もある。今のところ作戦は大成功ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る