2015年紅白歌合戦をより楽しむための「10の基礎知識」

公開日: 更新日:

 今年もあとわずか、大晦日に放送されるNHK紅白の曲順も決まった。今年は目玉がいない地味な紅白なんていわれているが、そんなことはない。裏側を知ると、十分に楽しめるはずだ。

和田アキ子が残ったワケ

「『落選』という情報も流れましたが、今年で39回目。歌手は周年を気にするもの。もし今年がOKなら、来年で40回という“金字塔”を達成できる。それだけに本人も必死だったし、ホリプロも“功労者”の和田を全面的にバックアップしました」(芸能リポーターの石川敏男氏)

 紅組司会はホリプロの後輩の綾瀬はるか。これも大きなアドバンテージになった。

ジャニーズに屈した?

「昨年はジャニーズが6組。それでもひとつの事務所としては異常という批判があったが、そんな声もなんのその。7組に勢力を拡大させた」(石川敏男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  5. 5

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  6. 6

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  7. 7

    カズ長男が俳優デビュー 三浦獠太が父より憧れたヒーロー

  8. 8

    沈黙を続ける竹内涼真 “乗り換え報道”についに反撃準備

  9. 9

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  10. 10

    安倍政権は火事場泥棒の巣窟 コロナ利権を貪る輩たち

もっと見る