同じ紅白選出でも…小林幸子と和田アキ子を分けた“明暗”

公開日:  更新日:

「紅白」の司会者、出場歌手がようやく発表された。黒柳徹子が番組史上最高齢での総合司会も話題だが、小林幸子の4年ぶり復活は「快挙」と言ってもいい。元事務所社長を巡る解任騒動が一因となって突然、「紅白」から降ろされた小林。まるで舞台装置のような衣装は例年「紅白」の目玉であり、視聴者も「衣装」に関心を示していた。

 衣装に意識が集中するあまり「なにを歌ったの」というオチはあったが、「紅白」に小林は欠かせない存在だった。一度、落ちるとヒット曲や大きな話題がないと復帰は難しいとされる「紅白」。小林は自力で復活したことに価値がある。結婚した夫と二人三脚。演歌歌手が一転、若い人にターゲットを絞った活動に終始していた。「ラスボス」と呼ばれ、大きな支持を得た。若者離れが進む「紅白」にとって、今の小林はジャニーズタレントに匹敵するくらい「若者を呼び込む魅力がある」との判断だろう。同時に年配者には「あの衣装が帰ってくる」と期待感も膨らむ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る