水野美紀、仲里依紗、田畑智子…NHKドラマが描く“女の業”

公開日:  更新日:

「チビるかと思いました……」

 主演女優・水野美紀(41)がまさかの下ネタ発言! 会場は笑いの渦に包まれた。6日に行われたNHK土曜ドラマ「逃げる女」(9日22時スタート、総合)取材会見でのこと。冒頭の発言は、冤罪で8年間服役した女を演じる水野が刑事役の遠藤憲一(54)から取調室で自白を強要されるシーンを振り返った際のもので、遠藤のアドリブに責め立てられてチビるほどの恐怖感を味わったという。

 同作は刑務所を出所した女が自分を裏切った親友(田畑智子)を探す旅の中で、殺人を犯した銀髪女(仲里依紗)と出会ったことで逃避行に変わっていくサスペンス・ロードムービー。長崎・佐世保を皮切りに1都8県を転々としていくが、演出の黒崎博氏が「女2人が温かな光あふれる情景の中を逃げる様子を描きたかった」と話すように、情緒あるロケーションも見どころのひとつだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る