日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清純派から熟女に脱皮…水野美紀「テレビ本格復帰」の裏事情

 TBS系の金曜ドラマ「家族狩り」で、水野美紀(40)が熟女の魅力を放っている。元夫のDVに悩みながら息子を育てる役柄。遠藤憲一(53)扮する刑事に思いを寄せる設定だ。

 若い頃は清純派で売ってきた。「踊る大捜査線」では、被害者遺族で後に警官となる柏木雪乃役。アイドル的な役回りを演じている。それが年齢を重ねて不幸な役柄が似合うようになった。3年前、映画「恋の罪」でフルヌードを披露。憂いに満ちた色っぽい表情は、全盛期の多岐川裕美(63)を彷彿とさせる。

■大手からの独立でゴタゴタ

「ここまで来るのにいらぬ苦労したことも、演技に奥深さを与えているのでは」と指摘するのはテレビ局関係者。

 9年前、所属する大手プロダクションからの独立をめぐり、水野は芸能界のドンを怒らせた。本人が希望する独立は勝ち取ったものの、代わりに仕事を失うことに。レギュラーだった「踊る」シリーズへの出演もかなわなくなってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事