日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
中村芝雀
著者のコラム一覧
中村芝雀歌舞伎俳優

昭和30年11月20日生まれ(本名・青木貞幸)。6歳で初舞台を踏み、9歳で芝雀を襲名。3月、歌舞伎座で「中村芝雀改め五代目中村雀右衛門襲名披露三月大歌舞伎」を行う。

<第1回>襲名披露は今回が“初体験”のようなものなんです

 今年の初芝居、すなわち正月の歌舞伎公演は歌舞伎座、新橋演舞場、国立劇場、浅草公会堂の4カ所で開催されている。どこの劇場も客がよく入っているようで、興隆ぶりがうかがえる。中でも注目は、3月に5代目中村雀右衛門を襲名する芝雀が出ている歌舞伎座の舞台だ。芝雀は昼の部の「梶原平三誉石切」と夜の部の「雪暮夜入谷畦道」に出て、その好演ぶりが評判である。

 学生時代から50年近く歌舞伎を見続けてきた私としては、芝雀が現役で3本の指に入る女形と高く評価している。「雪暮夜――」の三千歳は姿形、台詞、所作、どれも満点で、遊女がお尋ね者の情夫・直次郎を恋う心情を可憐に哀感たっぷりに演じた。直次郎役の市川染五郎との息もぴったりで、それは素晴らしい出来栄えであった。

 芝雀は人間国宝、4世中村雀右衛門(平成24年没)の次男で現在60歳。兄の大谷友右衛門が立役(男役)専門とあって、主役を務められる「立女形」であった父の名跡を弟が継ぐ運びとなったわけだ。そこで今回、芝雀にインタビューした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事