• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
中村芝雀
著者のコラム一覧
中村芝雀歌舞伎俳優

昭和30年11月20日生まれ(本名・青木貞幸)。6歳で初舞台を踏み、9歳で芝雀を襲名。3月、歌舞伎座で「中村芝雀改め五代目中村雀右衛門襲名披露三月大歌舞伎」を行う。

<第1回>襲名披露は今回が“初体験”のようなものなんです

 今年の初芝居、すなわち正月の歌舞伎公演は歌舞伎座、新橋演舞場、国立劇場、浅草公会堂の4カ所で開催されている。どこの劇場も客がよく入っているようで、興隆ぶりがうかがえる。中でも注目は、3月に5代目中村雀右衛門を襲名する芝雀が出ている歌舞伎座の舞台だ。芝雀は昼の部の「梶原平三誉石切」と夜の部の「雪暮夜入谷畦道」に出て、その好演ぶりが評判である。

 学生時代から50年近く歌舞伎を見続けてきた私としては、芝雀が現役で3本の指に入る女形と高く評価している。「雪暮夜――」の三千歳は姿形、台詞、所作、どれも満点で、遊女がお尋ね者の情夫・直次郎を恋う心情を可憐に哀感たっぷりに演じた。直次郎役の市川染五郎との息もぴったりで、それは素晴らしい出来栄えであった。

 芝雀は人間国宝、4世中村雀右衛門(平成24年没)の次男で現在60歳。兄の大谷友右衛門が立役(男役)専門とあって、主役を務められる「立女形」であった父の名跡を弟が継ぐ運びとなったわけだ。そこで今回、芝雀にインタビューした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る