日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
てれびのスキマ(戸部田誠)
著者のコラム一覧
てれびのスキマ(戸部田誠)テレビっ子ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「『植木(等)と出るようになりゃ、たいしたもんだ』。これだけでしたね、死ぬまで」by伊東四朗

伊東四朗(C)日刊ゲンダイ

(伊東四朗/テレビ東京「チマタの噺」2月9日放送)

 伊東四朗(78)が青年時代に一念発起。「喜劇役者になりたい」と洋服屋を営む父に伝えても、賛成も反対もされず、ただ「ふーん」とだけ言われたという。だから余計に伊東は「頑張らないといけない」と思った。

「てんぷくトリオ」のメンバーとして人気を得て、テレ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事