てがみ座「対岸の永遠」 重厚な翻訳劇のような卓抜な愛憎劇

公開日: 更新日:
てがみ座・対岸の永遠(C)沖美帆

「蜜柑とユウウツ~茨木のり子異聞~」で鶴屋南北賞を受賞した脚本家・長田育恵の新作。

 舞台は1999年のロシア、サンクトペテルブルク。旧ソ連時代にはレニングラードと呼ばれた都市。古びた共同住宅に住むエレナ(石村みか)の元にユリウスと名乗る若者(亀田佳…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る