劇団俳優座「狙撃兵」 主人公はあの女性候補にソックリ

公開日: 更新日:
劇団俳優座「狙撃兵~デッド・メタファー~」/(提供写真)

 カナダ演劇界の鬼才ジョージ・F・ウォーカーの日本初演作。

 舞台はカナダのとある町。アフガニスタン戦線に従軍し優秀な狙撃兵としてタリバンを掃討したディーン(仙名翔一)は帰還したはいいが、人殺し以外に特技のない彼に新しい職は見つからない。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  8. 8

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る