日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

真空地帯(1952年 山本薩夫監督)

「真空地帯」発売元・紀伊國屋書店

人権もクソもないリンチ地獄

 真空地帯とは世間から隔絶された兵営のこと。結末で表示される「人間ハコノナカニアッテ人間ノ要素ヲ取リ去ラレ兵隊ニナル」の文言がその本質を言い尽くしている。

 1944年1月、大阪の歩兵砲中隊に四年兵の木谷(木村功)が復帰してくる。彼は上官の財布を盗ん…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事