• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小籔千豊が独白<下> 新喜劇内の「問題解決」も座長の仕事

 東京の番組でも見ない日はない小籔千豊(42)。「テレビは新喜劇の広報活動」と言う座長は座員同士のイジメ問題にも奔走するそうで……。

 新喜劇の広報活動としてテレビに出ているので、10年前と周りの反応が全然違うのはありがたいこと。代官山歩いて顔をさされるなんて考えられんかったですから。今年で3回目やから当たり前のように思われるけど、僕からすると悶え苦しんでました。どうして名古屋から東に新喜劇が知られていないことにもっと焦らへんねんと。なぜマーケットが半分でええと思ってるのかと。この先、ベテランさんが死んでいっても、新喜劇が危機を迎えないように、今は年金払っている感覚。今、若い子を育てることで自分が楽できるようにいろいろ教えてます。

 新喜劇の後輩には「うっとうしいヤツおったらチクってこい。オレが“空爆”したるから」と言ってます。それを言いふらすことがイジメの抑止力にもなる。後輩から「こんなことされたんです」と言われて、それだけで信じるとウソの場合もあるので、他のところにも調査して「有罪」となっても、被害者の子が「2人きりのときにやられたことなので、私がチクったとバレるからやめてください」というケースが多くて事件は発覚してるのに“起訴”できないんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る