小籔千豊が独白<下> 新喜劇内の「問題解決」も座長の仕事

公開日:  更新日:

 東京の番組でも見ない日はない小籔千豊(42)。「テレビは新喜劇の広報活動」と言う座長は座員同士のイジメ問題にも奔走するそうで……。

 新喜劇の広報活動としてテレビに出ているので、10年前と周りの反応が全然違うのはありがたいこと。代官山歩いて顔をさされるなんて考えられんかったですから。今年で3回目やから当たり前のように思われるけど、僕からすると悶え苦しんでました。どうして名古屋から東に新喜劇が知られていないことにもっと焦らへんねんと。なぜマーケットが半分でええと思ってるのかと。この先、ベテランさんが死んでいっても、新喜劇が危機を迎えないように、今は年金払っている感覚。今、若い子を育てることで自分が楽できるようにいろいろ教えてます。

 新喜劇の後輩には「うっとうしいヤツおったらチクってこい。オレが“空爆”したるから」と言ってます。それを言いふらすことがイジメの抑止力にもなる。後輩から「こんなことされたんです」と言われて、それだけで信じるとウソの場合もあるので、他のところにも調査して「有罪」となっても、被害者の子が「2人きりのときにやられたことなので、私がチクったとバレるからやめてください」というケースが多くて事件は発覚してるのに“起訴”できないんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る