小籔千豊が独白<下> 新喜劇内の「問題解決」も座長の仕事

公開日:  更新日:

 東京の番組でも見ない日はない小籔千豊(42)。「テレビは新喜劇の広報活動」と言う座長は座員同士のイジメ問題にも奔走するそうで……。

 新喜劇の広報活動としてテレビに出ているので、10年前と周りの反応が全然違うのはありがたいこと。代官山歩いて顔をさされるなんて考えられんかったですから。今年で3回目やから当たり前のように思われるけど、僕からすると悶え苦しんでました。どうして名古屋から東に新喜劇が知られていないことにもっと焦らへんねんと。なぜマーケットが半分でええと思ってるのかと。この先、ベテランさんが死んでいっても、新喜劇が危機を迎えないように、今は年金払っている感覚。今、若い子を育てることで自分が楽できるようにいろいろ教えてます。

 新喜劇の後輩には「うっとうしいヤツおったらチクってこい。オレが“空爆”したるから」と言ってます。それを言いふらすことがイジメの抑止力にもなる。後輩から「こんなことされたんです」と言われて、それだけで信じるとウソの場合もあるので、他のところにも調査して「有罪」となっても、被害者の子が「2人きりのときにやられたことなので、私がチクったとバレるからやめてください」というケースが多くて事件は発覚してるのに“起訴”できないんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る