• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小籔千豊が独白<下> 新喜劇内の「問題解決」も座長の仕事

 東京の番組でも見ない日はない小籔千豊(42)。「テレビは新喜劇の広報活動」と言う座長は座員同士のイジメ問題にも奔走するそうで……。

 新喜劇の広報活動としてテレビに出ているので、10年前と周りの反応が全然違うのはありがたいこと。代官山歩いて顔をさされるなんて考えられんかったですから。今年で3回目やから当たり前のように思われるけど、僕からすると悶え苦しんでました。どうして名古屋から東に新喜劇が知られていないことにもっと焦らへんねんと。なぜマーケットが半分でええと思ってるのかと。この先、ベテランさんが死んでいっても、新喜劇が危機を迎えないように、今は年金払っている感覚。今、若い子を育てることで自分が楽できるようにいろいろ教えてます。

 新喜劇の後輩には「うっとうしいヤツおったらチクってこい。オレが“空爆”したるから」と言ってます。それを言いふらすことがイジメの抑止力にもなる。後輩から「こんなことされたんです」と言われて、それだけで信じるとウソの場合もあるので、他のところにも調査して「有罪」となっても、被害者の子が「2人きりのときにやられたことなので、私がチクったとバレるからやめてください」というケースが多くて事件は発覚してるのに“起訴”できないんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る