吉本若手の受け皿にも 47都道府県「住みます芸人」の勝算

公開日:  更新日:

 13日、「よしもと住みます芸人」新メンバーお披露目会見が吉本興業東京本部(新宿区)で開かれ、東京担当のお笑いコンビ「イシバシハザマ」、「アホマイルド坂本」(同神奈川)、「怪獣」(同千葉)が出席した。

 東京担当の「イシバシハザマ」石橋尊久(40)は5歳と2歳の子供を持つ父親として、「深刻な世田谷区の保育事情を抱えて東京住みます芸人になりました。3つお約束します。まずは待機児童ゼロ! 新規保育園設立での近隣住民トラブルの解消! そしてお台場でハマグリの採れる未来を!」とマニフェストを発表。

 舛添都知事の政治資金流用疑惑について聞かれると、「シンプルに(都知事を)辞めてほしい。都政を正すため、僕が次の都知事選に出馬します」と宣言。しかし、報道陣から出馬費用として供託金(300万円)が必要だと聞くと、「いま貯金が25万円しかない」としょんぼりしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る