てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「僕、一皮むいたらノーマルヒューマンじゃないですか」by ケンドーコバヤシ

公開日: 更新日:
突拍子もない言動は「攻撃という名のディフェンス」(C)日刊ゲンダイ

NHK「ファミリーヒストリー」(10月20日放送)

「北欧のバイキングの流れをくんでいる」とか、「オセアニアの蛮族の生まれ」とか、「実家はノーパン書道教室」など。ケンドーコバヤシ(44)はその生い立ちや家庭環境について、口からでまかせの明らかなウソを並べ立てる。だが、実際はごく普通の中流家庭の子。そんな自分の家族の歴史をひもとく番…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る