橋之助不倫も気丈に対応 三田寛子の完璧な“梨園の妻”ぶり

公開日:  更新日:

「芸の肥やしは通用しない」――。

 夫で歌舞伎俳優の中村橋之助(51)と先斗町の芸妓との不倫が発覚。その際、橋之助にこう言い切ったという妻でタレントの三田寛子(50)の株が急上昇している。女遊びに寛容な梨園とはいえ、三田のショックは相当なものだそうだが、夫に代わって矢面に立ち、オロオロすることもなく気丈に振る舞っているからだ。

 三田は16日、都内の稽古場前で取材陣に対応し「私も主人も至らない点がありまして、深く深く夫婦で反省しております。地に足をつけて頑張っていきたい」と頭を下げた。この日の雨模様になぞらえ、「雨降って地固まる。家族5人で一生懸命頑張ります」とコメント。離婚については「ないです」と言い切った。

■「梨園の妻」として支えた結婚生活

「三田をアイドル時代に取材したことがありますが、狭いアパートの一室の2段ベッドでつつましい生活をしていました。なかなかの苦労人で、京都出身で父親はタクシー運転手。平凡な家庭だったが、貧乏生活だったそうです。テレビではおっとりした印象ですが、実に頭の良い女の子だったのを記憶しています。橋之助との結婚のときは反対もされましたが、父親は“娘はあげたようなもの。私たちのことは忘れて、橋之助のために尽くして欲しい”と送り出したのが印象的でした」(芸能評論家の肥留間正明氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る