逆風からの大盛況 客を呼ぶ“紀香特需”に歌舞伎界ウハウハ

公開日:  更新日:

 今月3日に片岡愛之助(44)が座頭を務める十月花形歌舞伎「GOEMON 石川五右衛門」で“梨園の妻デビュー”を飾った藤原紀香(45)。9月に京都・上賀茂神社で執り行われた結婚式では再婚にもかかわらず白無垢を着たことなどに対して厳しい声も上がったが、いざ公演が始まるや評判はウナギのぼりだという。

 初日はひいき筋へ挨拶する姿に観客が押し寄せて会場ロビーはパニックになったが、翌4日も紫色のシックな着物に身を包んだ紀香に観客が殺到。開場とともに挨拶に訪れた初日とは違い、この日は開演直前に「あ~、間に合った」と小走りでロビーに登場。着物の襟を正すと、握手を求める観客にも笑顔で「ありがとうございます」「頑張ります」と応じていた。

 京都での白無垢挙式だけでなく、東京でのド派手披露宴は「出しゃばりすぎ」と批判を浴びた紀香。松竹関係者はピリピリムードを出す一方で、「紀香効果で公演が注目されて客席が埋まるのはありがたい」とホクホク顔を隠し切れないという。芸能リポーターの川内天子氏はこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る