二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

山本裕典は解雇 イケメン俳優と“女遊び”の危ういバランス

公開日: 更新日:

 芸能界を志望する人には普通は動機がある。「俳優」「歌手」「芸人」など芸を究めて名を成したいと門戸を叩く。そのために努力は惜しまない。それが当たり前だったが、最近は「芸能人になりたい」という人もいる。「なんになりたい」ではない。この漠然とした理由を象徴するのが「芸能人になって稼いで、女にモテたい」という若者の声である。

「稼ぐ、モテる」は本来、芸能界で成功した結果に伴うもの。1月に亡くなった松方弘樹さんの女遊びは誰もが認めるスターになってからであり、モテることは周囲も「当然だろう」と思っていた。

 事務所から解雇宣告を受けたことでその名を馳せた山本裕典(29)の芸能界入りの動機も今風。小学生の頃から「芸能界に憧れていた」そうだ。「役者や歌手になりたい」というはっきりした指針はなかった。雑誌社主催の「イケメンコンテスト」に応募して準グランプリを獲得して芸能界入り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    裕次郎さん命日に幕引き 石原軍団「金、酒、飯」豪快伝説

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

もっと見る