無断“副業”が決定打 山本裕典クビでわかった芸能界の限界

公開日:  更新日:

 芸能ビジネスの分岐点に差し掛かっているのかも知れない。俳優の山本裕典(29)が所属事務所から業務委託契約を解除され、クビになった騒動だ。事務所サイドは「弊社の考える基準に至らなかったため」とし詳細を伏せているため、さまざまな臆測を呼んでいるが、核心はタレントと芸能プロとの契約問題だというのだ。

「山本の場合、決定打は事務所に無断でバーを共同経営していたこと。真実とは思えないが、そこで女性を斡旋していたんじゃないかといった黒い情報もある。まあ、『法的な問題はない』と事務所は説明しており、法的な話ではない。事務所として看過できなかったのは、無断での“副業”でしょう。勝手に商売をされたのでは、もはや所属タレントじゃないし、コントロールできない。これまで芸能界では、そのあたりの契約やルールを明確にしないまでも、仁義とか義理があって、タレントが自分勝手に動くということはめったになかった。業界の掟が通用しなくなったのか、そんなのどうでもいいというやからがタレントに増えているのか分からないが、第2、第3の山本が隠れている可能性もあり、業界でちゃんと見直す時期なのではないか」(芸能プロ幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る