無断“副業”が決定打 山本裕典クビでわかった芸能界の限界

公開日: 更新日:

 芸能ビジネスの分岐点に差し掛かっているのかも知れない。俳優の山本裕典(29)が所属事務所から業務委託契約を解除され、クビになった騒動だ。事務所サイドは「弊社の考える基準に至らなかったため」とし詳細を伏せているため、さまざまな臆測を呼んでいるが、核心はタレントと芸能プロとの契約問題だというのだ。

「山本の場合、決定打は事務所に無断でバーを共同経営していたこと。真実とは思えないが、そこで女性を斡旋していたんじゃないかといった黒い情報もある。まあ、『法的な問題はない』と事務所は説明しており、法的な話ではない。事務所として看過できなかったのは、無断での“副業”でしょう。勝手に商売をされたのでは、もはや所属タレントじゃないし、コントロールできない。これまで芸能界では、そのあたりの契約やルールを明確にしないまでも、仁義とか義理があって、タレントが自分勝手に動くということはめったになかった。業界の掟が通用しなくなったのか、そんなのどうでもいいというやからがタレントに増えているのか分からないが、第2、第3の山本が隠れている可能性もあり、業界でちゃんと見直す時期なのではないか」(芸能プロ幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る