収入激減の元メンバーも 小嶋陽菜“AKB卒業後”は大丈夫か

公開日:

 29歳の誕生日だった今月19日をもって、AKB48を卒業した「こじはる」こと小嶋陽菜。グループ発足当初から中心メンバーであり続けただけに、AKB48ファンにとっては寂しい限りだ。気になるのは今後の彼女の活動だろう。

「卒業すれば、基本的にAKB48グループは関知しなくなります。その後の活躍は、本人や事務所の頑張りにかかっている。しかし、大半のメンバーが表舞台から姿を消してしまうのが現実です。生き残り競争は半端ではない。“勝ち組”と言っていいのは、女優転身に成功した前田敦子と大島優子ぐらいでしょう。卒業して初めて、自分はグループに支えられていたことに気付くメンバーも少なくありません」(AKB48に詳しいライター)

 AKB48の総監督だった高橋みなみ(26)でさえ卒業後、その姿を目にすることは少なくなった。過去に何度も選抜メンバーに選ばれている宮澤佐江(26)や島崎遥香(23)も、卒業後には収入が激減したことを明かしている。元SKE48の佐藤聖羅(24)に至っては最近のテレビ番組で、全財産が約9000円しかないことを告白。ファンの間で衝撃が走ったばかりだ。こじはるは大丈夫なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る