AKB卒業へ着々? 島崎遥香の“ツイート全削除”に驚きの声

公開日:  更新日:

 AKB48の島崎遥香(22)が18日、公式ツイッターでつぶやいてきた過去のツイートをすべて削除した。

 削除後は、映画鑑賞してきたことを報告する同日午後の最新投稿が存在するのみ(午後7時現在)。未明には、現在主演を務めている深夜ドラマ「警視庁 ナシゴレン課」(テレビ朝日系)の演技について、「本当に私、ボロクソです。申し訳ありません。葛藤の日々です。未だ、彷徨っております。ただただ苦しい…」と悪戦苦闘していることをファンに向けてつぶやいていた。

 突然のツイート全削除に、ネット上では<正直ちょっと寂しい><消す前に一言言えよ>など、嘆きや驚きの声が噴出。その一方で<ぱるるの好きなようにすればいいよ>と理解を示す意見も出ている。

 島崎は12月26日の劇場公演を最後に年内でAKBを卒業することを3日に発表したばかり。それに先がけ、使用していたインスタグラムのアカウントも1日に削除している。

 SNSをめぐっては、これまでたびたび“炎上”を経験してきた島崎。そんな過去もきれいさっぱりリセットし、AKB卒業へ向けて準備着々といったところか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る